ノウハウが詰まった金型製作

金型を自社製作できる強み

  • 自社で製作することで、短納期・低コストになります。
  • プレス加工もしているので、生産性が良く、ミスをしないように対策をした金型を製作できます。
  • 金型の破損、不具合にもすぐに対応できます。
  • 金型のメンテナンスや調整ができ、安定した品質の加工ができます。

金型の種類

単発型

<単発型の特徴>

  • 試作品、小ロット品に向いています。
  • 一つの工程を一つの金型でします(曲げのみ、穴あけのみなど)
  • 人が材料のセットをして加工します。
  • 構造がシンプルで金型コストが安く済みます。
  • 複雑な形状をつくるには、単発型が多数必要になる場合があります。

製作実績が多数あり、当社の得意な金型になります。

オープン型

オープン型の特徴

  • 小物の小ロット品、試作品に向いています。
  • 角度の修正や平面出しなどの手直し用で製作することもあります。
  • ダイセットがなく、最低限でコンパクト。金型コストを削減できます。

小さい部品を作り続けてきた技術で、既存の型を上手く利用して加工をすることもできます。

総抜き型(コンパウンド型)

<総抜き型の特徴>

  • 小ロット品、量産品どちらにも向いています。
  • 人が材料(定尺材)のセットをして加工します。コイル材は自動加工ができます。
  • 外形抜きと穴あけを同時にできるので、加工工程の短縮ができます。
  • 外形と穴のバリ方向を同じにすることができます。
  • 外形と穴の関係精度がよい。
  • 押さえながら加工するので平面度がよい。

単発型よりも構造が複雑になりますが、自社製作をすることで金型コストを最低限に抑えます。

順送型

<順送型の特徴>

  • 量産品に向いています。
  • 材料を送りながら複数の加工をしていく金型です。
  • コイル材で自動加工ができ、生産スピードが速いです。
  • 構造が複雑になり、金型コストが高くなります。
順送型は協力会社と共同製作になります。メンテナンス・修理は自社で可能。委託加工の実績が多数あります。

加工に合った最適な金型を提案いたします!