· 

いろいろな「金型」があるんです

いろいろな「金型」があるんです

先日、名古屋市にあるレゴランド・ジャパンに家族で遊びにいってきました。

施設内にはレゴブロックがどうやってできるか学べるレゴ・ファクトリー・ツアーがあり、工場で実際にレゴブロックが出来上がるところを見学できます。

レゴも工場も大好きな僕にはたまらない場所でした(笑)

 

レゴブロックは、溶かしたプラスチックの材料を金型に流し込んで、固めて形をつくる射出成形機でつくられます。

身近なものでは、プラモデル、100円ショップで売られているプラスチック容器も射出成形です。

ペットボトルは金型に空気を吹き込んで形をつくるブロー成形でつくられています。金型にはいろいろあり、これらはプラスチック用の「金型」が使われます。

沼製作所でつくったり、使われているのはプレス機械に取り付けて金属を加工するプレス用の「金型」なんです。知らない人はたぶん勘違いしますよねー。

 

「金型」を一般の人は見ることはありませんが、私たちは「金型」でつくられた様々な工業製品を利用して生活しています。

自動車、家電製品、飲料缶、プラスチック製品など身近にあるモノはほとんど「金型」でつくられているんですよ。実は縁の下の力持ちなんです。

 

次回も「金型」について簡単にお話したいと思います。

続く...

射出成形機 レゴ・ファクトリー・ツアー
射出成形機 真ん中の窓にある金属が金型
レゴ・ファクトリー・ツアー
レゴブロックに印刷をする機械
レゴ・ファクトリー・ツアー
袋に詰める機械 ちゃんと検査してますね
レゴランド レゴブロック
レゴブロックでつくられたオブジェがたくさんありました
レゴランド 大阪
レゴブロックでつくられた大阪